英借文辞典 「L⇒「letter of intent
             「ね」⇒「念書 letter of intent
             「と」⇒「同意書 letter of intent
             「な」⇒「内示書 letter of intent

意味は? intent = 意思、意向、決意、趣旨
商取引において、個人又は会社が自分の意思を表明した書状
契約の意志を確認するための文書=同意書、念書、仮取り決め、趣意書、内示書、契約内示書
どのような場合にこれを発行するのか? 最終的に契約書を作成するような商取引を行う場合に、その取引を主体的に推進しようとしている一方の当事者が、相手当事者に対して、その取引を進める意向を正式に表明するか、又はxxxxの条件が満たされれば正式な契約を締結する用意があることを正式に表明する。 
letter of intent を発行することにより、発行者の意思が変わらないことを相手当事者に知らせて、その後の取引の交渉を、お互いに真剣に相互信頼で進めることが出来る。 もしletter of intent をもらわずに、かなりの費用と時間をかけて取引の交渉をし始めて、相手が途中から交渉を打ち切ったときに、当方は損害を被る可能性がある。
取引当事者の一方が自発的に発行したり、取引当事者の一方が他方に発行を要請したり、両当事者が合意を書面化することもある。
(日本国内では、交渉時に両当事社の責任者が口頭で合意して、わざわざ念書や同意書を発行するケースは少ないが、外国では、又は外国の会社との交渉では、letter of intent がしばしば利用される)
どのような事例があるか?
例文はここをクリック
購買内示書
プロジェクトxx用に、yyyの製品をzzz個購入する
製品の製造に関する契約を締結する意志を表明
製品の開発に関する契約を締結する意志を両当事者で確認
当銀行は、貴社が提案された特殊社債の発行による資金調達に関する貴銀行との契約を、貴社の親会社が保証するという条件が満たされれば、正式に締結する意向を表明する。発行の諸条件は、後日協議する。
当社は、貴社が売却しようとしているxxxxの事業部門を$xxxxで買い入れる意思があることを表明する。その条件として、A) xx月xx日から30日間は貴社が他社と交渉に入らないこと、B)その事業部門の資産価値を調査するため、その資産の内容を全て開示すること、C) 最終契約は、xx月xx日までに調印すること、D)売買条件は今後の交渉で決めること、を条件とする。  
色々な状況 に応じて英借文してください。